「レオン〈完全版〉」 記憶の映画

LEON INTEGRAL VERSION

1994 フランス=アメリカ

監督・脚本:リュック・ベッソン

出演:ジャン・レノ

           ナタリー・ポートマン

           ゲイリー・オールドマン

           ダニー・アイエロ

TOHOシネマズ〈BACK TO THE THEATER〉 5月上映作品

 

 

かつて、この映画は特別だった。

 

映画を見るようになり、映画というものの虜となっていった、その まだ早い時期、映画をたいして知りもせず、監督も俳優もそれほど知らず、現在のように数多くの映画を見ることもなく、その分、多少大袈裟な言い方をするなら、初めて見る1本1本が驚きだったとも言える、そんな時期に見た映画の1本が、この 「レオン」であった。

 

とにかく、特別だった。何度となく見た。ぜんぶ覚えてしまいそうなほど好きだった。あれ以来、見る機会はなかった。

 

あれ以来、見る機会のなかったこの映画を、こうして見るのは、いったい、何年ぶりのことか。

 

かつて、劇場版と完全版、その両方を、ふたつの映画館で見た。その映画館は、今はもうない。あとから公開された完全版を見た映画館は、ほかの映画も何本か見に行く機会はあったが、その後ほどなく閉館した。最初に劇場版を見た映画館は、近隣にシネコンが出来て以降も、ずいぶん長い間がんばっていたが、こちらも3年前に閉館した。今回「レオン」を見たのは、あの頃にはまだ存在しなかった映画館である。あの頃フィルム上映だったこの映画も、今ではデジタル上映だ。つまり、この映画を見るにあたってのすべての条件が、あの頃とは違う。

 

違うのはそれだけではない、自分自身とて違う。この映画を最後に見てから今日までというもの、その間のことすべてが、言うまでもなく、この映画を見ていた頃にはまだなかった時間である。まだなかった時間を生きてきた分だけ、あの頃とは違う人間である。

 

すべてが違う。変わらないのは、〈映画の中〉だけだ。人間も環境も、無情なまでに変化する。ときに、それは驚くべき残酷さである。

 

変わらないのは、〈映画の中〉だけだ。

 

 

こうして、この映画を見るのは、いったい何年ぶりのことか。懐かしい、余りの懐かしさに、胸が詰まる。苦しくなる。涙が出る。冒頭、林立するビルを海から臨み、タイトルが現れる。何年ぶりのことか。あの音楽。

 

あの頃、何度も何度も、繰り返し聞き、繰り返し見た。どのシーンも懐かしい。思い出せないシーンなどない。もちろん、常にこの映画のことばかり考えているわけではないのだ、ふだんは、記憶の底に沈んでいる。しかし、それは忘れたということとは違う。ひとたびスクリーンを前にすると、どのシーンもが、懐かしく思い出される。

 

アパートの中。正午の出来事。ジャケットの色。ホテルの質素な部屋。観葉植物。あの店。最後の瞬間。ケーブルカー。いくつもの台詞、‘‘死は突然訪れる”。どのシーンも忘れていない。余りにも懐かしくて、苦しくなる。

 

もう、映画館でしか、見たくなかったのだ。かつては、毎回映画館というわけにもいかず、当然、部屋で見たりもしている。しかし本来、映画は映画館で見るものだ(こういうことを言うと、「では映画館へ行けない状況にある人にはどうしろというのだ」と言われたりするが、そんな、重箱の隅をつつくような話はしたくない。行けない状況の人が、部屋で見る等、別の方法を選択するのは当たり前ではないか。そんなことではなく、本来の映画というものについて言っているのであり、映画館に行ける状況にあるならば自分は映画館へ行く、というだけの話である)。古い映画はDVDでじゅうぶん、とは思わない。映画を軽んじたくない。

 

人間も環境も自分も、すべてが変わる。あの頃の映画はあまりにも懐かしく、変化というものはあまりにも無情で、見る度こんな思いをするのは、見るたび胸が詰まるほど苦しいのは、それはあまりにつらい。変わらないのは、〈映画の中〉、そして、この映画が、自分にとって特別だということである。今でも、驚くほど特別だった。やはり、忘れられない映画だった。作品への一般的評価など関係ない。自分にとってだけの価値である。

 

もしまたこの映画を見ることがあれば、その時にも またきっと、懐かしさのあまり、胸の詰まるような思いをすることだろう。懐かしいと感じるのは、もう二度と戻らないからである。時間も、何もかもが戻らないからである。その苦しさを何度も味わうのは耐え難い。

 

映画には、見たその時の記憶が、必ずついてまわる。この映画をいつかもう一度見たら、きっと今日のことも思い出す。この映画に、これ以上、悲しい記憶を付け加えたくはない。悲しい記憶を付け加えないために、今後もう、この映画は見ないと決めた。このまましまっておきたい。

 

 

だから、これが最後だ。特別だからこそ。もう二度と見ない。もう二度と、この映画を見ることはない。

 

 

 

 

 

2014年5月18日

TOHOシネマズ西宮OS

「ドストエフスキーと愛に生きる」

〈ドキュメンタリー〉

DIE FRAU MIT DEN 5 ELEFANTEN

2009 スイス=ドイツ

監督・脚本:ヴァディム・イェンドレイコ

出演:スヴェトラーナ・ガイヤー

    アンナ・ゲッテ

    ハンナ・ハーゲン

    ユルゲン・クロット

 

 

2014/4/11

 

「アデル、ブルーは熱い色」

La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2

Blue Is the Warmest Colour

2013 フランス

原作:ジュリー・マロ 『ブルーは熱い色』

監督・脚本:アブデラティフ・ケシシュ

脚本:ガリア・ラクロワ

出演:アデル・エグザルホプロス

    レア・セドゥ

第66回カンヌ国際映画祭 最高賞〈パルム・ドール〉受賞

(カンヌ史上初めて、監督だけでなく、主演女優2人にもパルム・ドールが贈られた)

 

 

主人公の名は、原作コミックにおいてはアデルではないという。監督が、主演アデル・エグザルホプロスの名を、そのまま使いたかったのだとか(アデルとは、アラビア語で正義の意であると、劇中の会話に登場する)。

 

アデルの あの 演技に見えないような演技は、しかしどうやって引き出されたものなのだろう。寝顔も、食事の様子(食べるシーンはアデルの生命力の象徴か)も、まるでまったくの自然であるかのように見えてしまう。

 

 

2014/4/9

「ハウンター」

〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉

HAUNTER

2013 カナダ=フランス

監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ

脚本:ブライアン・キング

出演:アビゲイル・ブレスリン

    スティーブン・マクハティ

    エレノア・シシー

 

 

2014/4/9

「コーヒーをめぐる冒険」

OH BOY

2012 ドイツ

監督・脚本:ヤン・オーレ・ゲルスター

出演:トム・シリング

    マルク・ホーゼマン

    フリデリーケ・ケンプター

 

 

確かに、コーヒーを飲もうとするが飲めない、というシーンが、ことあるごとに出てくるのだが、それは、主人公ニコの この1日が、いかについていないかということを象徴的に表したものであり(自分と周囲の世界との間に違和感を感じる、という台詞もあり、周囲の世界とのそういう “すれ違い” も含めて象徴している、とも受け取れる)、コーヒーを飲みたいがために行動する、何かをする、という、コーヒー中心のストーリーではないので、この邦題だと、意味としてはズレる(なにしろ、原題は「Oh boy」であるし)。

 

ニコが、かつての同級生ユリカに対して、ある行動を、これが過去の清算であるならば やめておいたほうがいい、と言うシーンがあるが、(これには、子供の頃ニコがユリカをいじめていて、ユリカは立ち直るためにかなりの時間の費やした、という経緯がある)この場合むしろ過去を清算するほうがよかったのでは、と思うなど。

 

 

2014/4/8

「パイオニア」

〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉

Pionér

Pioneer

2013 ノルウェー

監督・脚本:エーリク・ショルビャルグ

出演:アクセル・ヘニー

    ウェス・ベントリー

    ステファン・ラング

    ステファニー・シグマン

実話をもとにした作品である。1980年代前半、北海で石油・天然ガスが発見され、ノルウェー政府は、それらを運ぶために、海底500メートル地点でのパイプライン敷設に着手。その大規模な計画に関わったプロのダイバーである兄弟、クヌートとペッター。兄のクヌートが実験潜水中に死亡し、その際の上層部の対応に不信感をいだいた弟ペッターが、事件の真相を突き止めようとする。

 

特集上映〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉という形で、ほんの数回しか上映されないことがもったいないほど、見応えのある作品だった。なにしろ、“良作であるにも関わらず、知名度が低いなどの理由で日本未公開のまま終わってしまいそうな作品を、発掘してスクリーンにかけ、劇場未公開となるのを阻止しよう” という趣旨の特集上映なため、昨年の第1回でも、見応えある作品が選ばれており(「ザ・ウォーター・ウォー」など)、なかなか侮れない特集である。

 

たとえば、真相に近づいたために命を狙われていたペッターが海中に潜っている時、ボート上に残っていた同僚が、ペッターであると人違いされて、ボートを爆破されてしまうシーン。海中から見上げたペッターは、近づいてきた別のボートに火の手が上がり、誰かがそこから海に飛び込んで逃げ、まだ同僚が乗っているはずのボートに、無人となった火だるまのボートが突っ込んで爆発する、その一部始終を目撃する。海上でボートが爆発するのと同時に、海中では巨大な赤い水泡が音もなく膨らむかのように見えるところなど、ストーリー上は緊急事態でありながら、映像的にはある種の美しさもあり、その独自の表現が印象的だった。

 

とにかく、日本での知名度の低さゆえの小規模公開が残念だ。ノルウェー作品というと、最近ではベント・ハーメル監督などが注目されたが、やはり、ヨーロッパ映画の中でも、英仏独伊の作品と比べると、日本での公開本数も少なく、となれば、たとえ良い作品・監督・出演者であっても、知名度が低くなるのは当然で、ゆえにこのような形になってしまう。この 「パイオニア」 出演者の中では、アメリカの俳優ウェス・ベントリーが、日本ではまだいちばん知られていると言えるが、ウェス・ベントリー出演、というのは、売りにならないのかどうなのか(自分の場合は、ウェス・ベントリーの出演作を見るのは久しぶり、というのが、じゅうぶん見に行く動機になったが)。とはいえ、劇場未公開で終わってしまうよりは、特集上映中のたった数回でも、上映されてよかった、ということか。

 

ちなみに、アル・パチーノロビン・ウィリアムズ共演の、2002年のクリストファー・ノーラン監督作「インソムニア」が、ノルウェー映画のリメイクであることは聞いてはいたが、その元となったオリジナル版は、この「パイオニア」の監督の作品、とのこと。

 

 

 

2014/4/7

「ポール・ヴァーホーヴェン/トリック」

〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉

Steekspel

2012 オランダ

監督・脚本:ポール・ヴァーホーヴェン

脚本:キム・ファン・コーテ

    一般公募の脚本を含む

出演:ドキュメンタリー部分 - ポール・ヴァーホーヴェン  ほか

    映画部分 - ピーター・ブロック ゲテ・ヤンセン  ほか

 

 

冒頭の4分間のみを公開し、その続きは、脚本を一般公募して映画を制作する、という試みの作品。監督はじめ、プロの脚本家らで、応募作品の中から、これは使える、というものを選び、作品として形作っていった、というもの。

 

前半のドキュメンタリー部分では、記者会見でこの企画を発表する様子、脚本作成の様子、俳優のカメラテスト、撮影風景などがおさめられており、後半が、そのようにして作られた作品そのもの、という、ドキュメンタリーとフィクション作品との二部構成。

 

 

エンドロールでは、脚本応募者の名前もきっちり流れる。

 

 

 

2014/3/31

「最強ゾンビ・ハンター」

〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉

Zombie Hunter

2013 アメリカ

監督:K.キング

出演:マーティン・コッピング

    ダニー・トレホ

    エイミー・サバンナ

低予算ゆえにこうなるしかなかったのか、低予算であることは始めからわかっていることだからと開き直り、狙って こうなったのか、なにはともあれ、いわゆるB級ゾンビ映画である。

ダニー・トレホが神父の服装で出てくるところは、意外にも似合っていて、その意外性が面白いのだが、その後、斧を振り回してバッタバッタとゾンビを倒していく姿の似合い方の比ではなかった。

 

 

 

2014/3/30

「チェインド」

〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉

CHAINED

2012 カナダ

監督:ジェニファー・リンチ

脚本:ダミアン・オドンネル

出演:ヴィンセント・ドノフリオ

    エイモン・ファーレン

    ジュリア・オーモンド

 

ヴィンセント・ドノフリオがじつに巧い。トラウマを抱え、それを消せないまま常軌を逸した殺人を続ける、という救いのない役だが、それにしても巧い。虐待の連鎖。台詞にも出てくる、比喩としての“食物連鎖”。監禁されている主人公が、少年時代から足に繋がれ続けた鎖。タイトルはこれらを表している。サスペンスとしては珍しい題材ではないとはいえ、監督がジェニファー・リンチなので(前作「サベイランス」も見たし)、気になって見に行った。

顔を覚えられない(つまり自分の感覚においては非常に覚えづらいタイプの顔立ち)若手俳優というのは何人かいるが、ベテランの中で、自分にとって いまだ覚えづらい顔立ちの俳優のひとりといえば、ヴィンセント・ドノフリオなのであった(最近は、もしやあれはドノフリオではないか、と思い名前を確認する、くらいまでにはなった)。

 

 

2014/3/30