映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

ロバート・アルトマン監督

11月23日。朝のニュースで訃報を聞いた。


ロバート・アルトマン監督が11月20日に死去との報道。81歳だった。


群像劇の名手だった監督は、今年のアカデミー賞では名誉賞を受賞。かつて、世界三大映画祭も制覇した(1970年「M★A★S★H」でカンヌ映画祭パルムドール、1976年「ビッグ・アメリカン」でベルリン映画祭金熊賞、1994年「ショート・カッツ」でベネツィア映画祭金獅子賞)。


初夏、“A PRAIRIE HOME COMPANION”(邦題:「今宵、フィッツジェラルド劇場で」)という新作がアメリカで公開されたと知って、日本で公開の時にはぜひとも見たいと楽しみだった。この作品が、アルトマン監督の遺作となった。日本では来年春公開される。


名監督がまた逝ってしまった。


合掌






_