映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

俳優 ブラッド・レンフロ

朝のニュースで、ブラッド・レンフロが自宅で死亡しているのを発見されたとの報を聞く。現時点で死因不明。まだ25歳だった。


「依頼人」で、十代で俳優デビューした際には、とても注目され、将来も有望視されていた。すぐあとの「マイ・フレンド・フォーエバー」の時なども、人気も評価も高かった記憶がある。


その後、20歳前くらいからか、作品にあまり恵まれていないような印象だった。映画より、私生活での問題行動の方が報じられていた。スランプだったのか、本人も焦りがあったのではないか。


華々しいデビューから考えれば、その後は順風満帆とはいかなかったかもしれない。しかし、25歳はあまりに若い。この先、起死回生のチャンスもあったかもしれないと思えばなおのこと。


あまりに若すぎる死だ。



合掌






_