映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

シドニー・ポラック監督

シドニー・ポラック監督が5月26日に亡くなったということを、今日になって知った。癌だったそうだ。73歳で亡くなられた。


最近のものなら、国連本部を使って撮影された「ザ・インタープリター」が記憶に新しいが、古い作品は、残念ながら見る機会になかなか恵まれなかった(「トッツィー」「愛と哀しみの果て」など)。


現在公開中の「フィクサー」「モンテーニュ通りのカフェ」などには、俳優として出演されているということだ。



合掌






_