映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」

A PRAIRIE HOME COMPANION
2006 アメリカ
監督:ロバート・アルトマン
脚本:ギャリソン・キーラー
出演:メリル・ストリープ
    リンジー・ローハン
    ケヴィン・クライン
    ウディ・ハレルソン
    トミー・リー・ジョーンズ ほか


07 4 18



2006年に亡くなったロバート・アルトマン監督の、最後の新作だった「今宵、フィッツジェラルド劇場で」。


実在する公開ラジオショーを描いているが、ライブシーンの生き生きとした歌声、緊張感漂う様子が素晴しい。進行が滞った時に、商品CMと絡めながら即興の喋りと声真似でつなぐシーンの楽しさは格別だ。


ベテラン歌手の楽屋での死、“謎の女”(天使?)が絡むテキサスの企業家の事故死。エドワード・ホッパーのダイナーの絵を思わせるような夜のダイナーに、その女が再び現れ、“もしや”と思わせるラスト… そして、ストーリーそれ自体が、ラジオ番組の“最後の日”を描く。


そんな作品が遺作になるとは、監督が亡くなったことは悲しくてしかたないのに、遺作にふさわしいのかもしれない、とすら思えてくる。死を悲劇として描かず、それも人生の一幕として描き、味わい深く余韻を残す。


ロバート・アルトマン監督の群像劇、その有終の美を飾ったこの作品。


それでも、やっぱり寂しくなる。






_