映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「1408号室」

1408
2007 アメリカ
監督:ミカエル・ハフストローム
原作:スティーブン・キング
出演:ジョン・キューザック
    サミュエル・L・ジャクソン



少なくともアメリカでは、スティーブン・キング原作の映画化作品の中で、もっともヒットしたという「1408号室」。


心霊現象の噂の絶えない場所へゆき、その謎を暴いて本に書いている作家、マイク。『1408号室には絶対に泊まってはいけない』 いう差出人不明の葉書が舞い込んで、向かうことになる、56人もの客が死んだというドルフィンホテルのある、マイクにとっては“いわくつき”のニューヨークへ。


しかしそれにしても、特に後半、いくらなんでも破壊しすぎじゃないのか。心霊現象とかいうレベルを超えた、悪ノリに見える。“まさかこれがオチだと言わないでくれ”と思い、違う意味でヒヤッとする展開を何度か繰り返しながら終わってゆく映画。


主人公マイクの娘のエピソードが挟みこまれていて、まだよかった。それすらないと、もっと平板なだけの印象になっていたような気がする。


ジョン・キューザックは、最近の、四十も超えてからのほうが好きだ。あの いかにも人のよさそうな顔に、ちょっと疲れた感じが出てるくらいがちょうどいい。







_

広告を非表示にする