映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「DISCO ディスコ」 ふたたびの青春。

DISCO
2008 フランス
監督・脚本:ファビエン・オンテニエンテ
出演:フランク・デュボスク
    エマニュエル・ベアール
    ジェラール・ドパルデュー
    サミュエル・ル・ビアン



ジョン・トラボルタの「サタデー・ナイト・フィーバー」が一世を風靡した “ディスコブーム” の頃、フランスはノルマンディーで、ビー・キングというチームを組んでのダンスで評判だった男も、もう四十を過ぎ、英国人の妻とは別れ、息子とも離れて暮らしている。久しぶりにノルマンディーに戻り、クラブを経営する旧友から、そのクラブでディスコダンスのコンテストがあり、優勝商品はオーストラリア旅行だ、と聞かされて、息子に旅行をプレゼントするため、“昔とった杵柄” で再びあの頃のように踊ろうと、一念発起する。


時代遅れと言われながらも、バレエ教師にコーチを頼んで少女たちに混じって基本の練習をしたり、昔の仲間を説得してチームを再結成、スパンコールの派手なジャケットで往年のディスコダンスを披露したりと、そんな四十男の姿が憎めなくてほほえましい。再び舞台でかつてのように踊るビー・キングの面々は、スパンコールのジャケットのように、あるいはミラーボールのように、とても輝いて、生き生きしている。演じる俳優の踊りを見るのが楽しい。


この作品の音楽は、フランス製ミュージカル映画の傑作、「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」があまりにも有名な、ミシェル・ルグランが担当。そのことと、ダンス(と音楽)がテーマの作品である、ということもあるのだろう。舞台が港町ノルマンディーであったり(シェルブールもロシュフォールも港町)、町の祭の特設会場で行われた予選で踊ったり(「ロシュフォールの恋人たち」でも祭で踊るシーンがある)と、両作品を思い起こさせるシーンが登場する。






_