映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「トランスフォーマー:リベンジ」

TRANSFORMERS : REVENGE OF THE FALLEN
2009 アメリカ
監督:マイケル・ベイ
出演:シャイア・ラブーフ
    ミーガン・フォックス
    ジョン・タトゥーロ ほか



前作に引き続き、監督マイケル・ベイ、主演シャイア・ラブーフの続編、「トランスフォーマー:リベンジ」。“世界最速”と銘打った先行上映を見に行った。


始まってすぐ、『そういえば前作はどんな話だったっけ』 と思う。それこそ、変身シーンしか印象に残っておらず、そこはやはりマイケル・ベイ映画だ(「パール・ハーバー」よりいいが)。バンブルビーという名称を聞いて、そうそう、そんな名前だったなぁ、と思い出し、走るシャイア・ラブーフに覚える既視感に、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」や「イーグル・アイ」を思い出す。ジョン・タトゥーロの登場シーンでも、主人公と既に知り合いだった、という展開を見て、前作に出ていたことをようやく思い出した。


前作以上に増えたという変身シーンはたしかにすごい。が、見所と呼べるところが、ストーリーよりなによりそこだけに集中してしまう、というのもある。このあとまた続編が作られたって、この2作目のストーリーを覚えていなくてもかまわない、という感じになってしまう。


家族のシーンが少々余分に長いな、という気がする主人公サム。その学校の寮の部屋の壁に「バッドボーイズ2バッド」のポスターが貼ってあるシーンでは、『なんやねんマイケル・ベイ…』 と思ってしまった(「バッドボーイズ2バッド」もマイケル・ベイ監督作である)。






09.6.19