映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

2009年に見た旧作BEST5

1.エル・スール


2.ロシュフォールの恋人たち


3.イレイザーヘッド


4.厳重に監視された列車


5.パリところどころ



今年初公開の作品や新作ではなく、少し古い作品で、今年ようやく見ることのできた作品の中から。


「エル・スール」は、その美しさ、そしてそこはかとない寂しさに惹きつけられてやまない。「ロシュフォールの恋人たち」は、まさに“春”である。季節の春だけでなく、人生の春。「イレイザーヘッド」…デヴィッド・リンチは、最初からデヴィッド・リンチであり続けた。「厳重に監視された列車」は、モノクロの、チェコ版ヌーヴェル・ヴァーグ。「パリところどころ」は、6人の監督が切り取った6つの視点からのパリの姿。


そして、今年初めて見た訳ではないのでここには入れていないが、1年ぶりに見た「アラビアのロレンス」、やはり素晴しく、とてつもない。ピーター・オトゥールは美しい。「アラビアのロレンス」は、50年経とうとも なお、美しい。






_