読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

ああ、…処刑人よ!

今日5月22日から、「処刑人Ⅱ」が公開される。第一作「処刑人」については、かなり以前にちらっと書いたことがあるが。


その、「処刑人」の第二作が、いよいよ公開である。


「処刑人Ⅱ」の公開を知ったのは、つい最近のことだった。その2日後にはアカデミー賞作品賞を受賞した「ハート・ロッカー」を、3月6日の公開初日に見に行った時のことだ。上映後、廊下の壁に貼られたポスターをふと見ると、そこには「処刑人Ⅱ」のポスターが。そして、“5月ロードショー”の文字…!


続編制作中なる話は小耳に挟んでいた。しかしそれもかなり前のことだ。あれはもう、根も葉もない噂だったんじゃないかと思っていた。第一作をとても好きなだけに、続編を見たいという気持ちも確かにあったが、万が一、作品の質が落ちるようなことがあるなら(悲しいことに、続編のその危険性は非常に高い)、いっそあのまま終わるほうが美しいかとも思い…


しかし。 続編だ。


もうできてしまっている以上は、公開される以上は、見に行かないわけにはいかない「処刑人」。この作品なら、もしかしたら、前作を上回る出来の続編であってくれるのではという期待と、いやいや、前作を好きなあまりの期待のしすぎは、ダメだった時にがっくりきすぎてしまうからよくない、という多少の警戒心も頭の隅に置きつつ、見に行きたいと思っている。






_