読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

第63回カンヌ国際映画祭

今年のカンヌ国際映画祭が、5月12日〜23日(現地時間)開催された。今回のおもな結果は、以下の通り。

パルムドール/「LUNG BOONMEE RALUEK CHAT」アピチャッポン・ウィーラセタクン監督


グランプリ/「DES HOMMES ET DES DIEUX」グザヴィエ・ボーヴォワ監督


監督賞/ マチュー・アマルリック(「TOURNEE」)


脚本賞/「POETRY」(イ・チャンドン監督)


男優賞/ハビエル・バルデム(「BIUTIFUL」アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
     エリオ・ジェルマノ(「LA NOSTRA VITA」ダニエレ・ルケッティ監督)


女優賞/ジュリエット・ビノシュ(「COPIE CONFORME」アッバス・キアロスタミ監督)


審査員賞/「UN HOMME QUI CRIE」マハマット=サレー・ハルーン監督


タイの作品が最高賞を受けるのは初めてのこと。今年のカンヌには、世界最高齢の現役映画監督であるポルトガルの名匠、101歳のマノエル・ド・オリヴェイラ監督も参加。






_