映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

2010年9月

9.1 「瞳の奥の秘密」 「ぼくのエリ 200歳の少女」 / 9.5 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 / 9.6 「パピヨン」 / 9.14 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 / 9.15 「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」 「バード・シット」 / 9.19 「大脱走」 / 9.21 「インセプション」 / 9.22 「彼女が消えた浜辺」 / 9.25 「ブリット」 「ランジェ公爵夫人」 / 9.28 「インセプション」 / 9.29 「シルビアのいる街で



先月一度見ている「インセプション」。この映画にすっかり惚れ込んでしまい、今月、更に二度見に行った。「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」も、かなり好きなタイプの作品で、二度見た。ほかには、今月だけでスティーブ・マックィーン作品3本を見ることができ、アルゼンチン=スペイン合作「瞳の奥の秘密」やイラン映画彼女が消えた浜辺」など、人物・心理描写の際立った秀作にも出会った。そして、今はなきギヨーム・ドパルデューの在りし日の姿を見るために映画館に行った、「ランジェ公爵夫人」も。






_

広告を非表示にする