映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

2010年11月

11.2 「遠距離恋愛 彼女の決断」 / 11.3 「エル・トポ〈製作40周年デジタルリマスター版〉」「ソウ ザ・ファイナル 3D」 / 11.4 「世にも怪奇な物語」 / 11.7 「マチェーテ」 / 11.9 「エクリプス トワイライト・サーガ」 / 11.10 「リミット」 / 11.13 「SP 野望篇」 / 11.14 「クロッシング」 / 11.16 「ナイト&デイ」 / 11.17 「リトル・ランボーズ」 / 11.27 「十二人の怒れる男」 / 11.29 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」



気づけば7年に渡って見続けたホラーシリーズ、「ソウ」の(一応の)最終章、3D上映。「ハリー・ポッター」も最終章で、2部構成の1本目だ。「エル・トポ」と「マチェーテ」の2本は、監督がやりたい放題な映画の新旧、という感じ。ワンシチュエーションの密室劇の傑作として名高い「十二人の怒れる男」を、今更ながらようやく見ることができた(ロシア版リメイクは既に見ている)。そして「リトル・ランボーズ」も、見に行ってよかったと思える秀作だった。






_

広告を非表示にする