映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「ピザボーイ 史上最凶のご注文」

30 Minutes or Less
2011 アメリカ
監督:ルーベン・フライシャー
出演ジェシー・アイゼンバーグ
    アジズ・アンサリ



主人公ニックが、トム(=この場にいない人物)のフェイスブックを見てみたい、という会話の際に、「俺は抜けた」と言うが、ニックを演じているのが「ソーシャルネットワーク」主演のジェシー・アイゼンバーグなため、フェイスブックに関する会話はそこを意識して入れられたのかと思ったら、ピザのほうが「ソーシャルネットワーク」より先に撮影されており、「ソーシャル〜」を意識した台詞ではないという。


爆弾解除法を調べている時に、「ハートロッカー」はどうだった?、あの映画は見てない、などという会話があり、その時も、「ソーシャル〜」と「ハートロッカー」って同じ年のアカデミー賞にノミネートされてて「ハートロッカー」のほうが受賞したんじゃなかったっけ、それでこんな台詞を?と思ったら、「ソーシャル〜」が1年あとだった。






2011.12.7