読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

俳優 三國連太郎

三國連太郎の訃報に接したのは、今日、ニュース番組の速報でだった。昨日、90歳で亡くなったと。

 

釣りバカ日誌」などは、それほど見てきたわけではない。三國連太郎の出演作というと、なんだかたくさん見てきたような気がしたし、それゆえに凄い人物だと思ってきたのに、思えば映画そのものはそんなに見てこなかったのだ。それでも、「北辰斜にさすところ」(2007)を映画館で見たのが印象に残っている。あのときの演技。熟練でありながら、過剰になるところが決してなかった。台詞のあとの余韻までも、台詞のないシーンまでもが、まさに円熟の名演だった。

 

また、その映画の公開のころ、ある関西ローカルの番組で受けていたインタビューを見たことがあるが、それがたとえ過酷なエピソードであろうと、頭の先から足の先までまさに役者だ、と思わせるような強烈なエピソードであろうと、至極穏やかな声と口調で話す様が、今も記憶に残っている。

 

 

 

2013/4/15

広告を非表示にする