読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

第66回カンヌ国際映画祭はじまる

〈2013年 5/15~5/26 開催〉

 

今年は、河瀬直美監督が審査員に選ばれている(4月24日、映画祭事務局が発表)。これまで、日本人では、作家や映画評論家が審査員になったことはあるらしいが、監督では初めてだということだ。

 

河瀬監督は、カンヌ映画祭において、1997年「萌の朱雀」でカメラドール(新人監督賞)を受賞し、2007年「殯の森」で、最高賞に次ぐグランプリを受賞。

 

ちなみに、今回のカンヌ、コンペ部門の審査委員長はスティーブン・スピルバーグ監督とのこと。どういうタイプの作品がパルムドールをとるか、興味深い。日本からは、是枝裕和監督作「そして父になる」、三池崇史監督作「藁の盾」が出品。

 

 

_