読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「チェインド」

〈未体験ゾーンの映画たち 2014〉

CHAINED

2012 カナダ

監督:ジェニファー・リンチ

脚本:ダミアン・オドンネル

出演:ヴィンセント・ドノフリオ

    エイモン・ファーレン

    ジュリア・オーモンド

 

ヴィンセント・ドノフリオがじつに巧い。トラウマを抱え、それを消せないまま常軌を逸した殺人を続ける、という救いのない役だが、それにしても巧い。虐待の連鎖。台詞にも出てくる、比喩としての“食物連鎖”。監禁されている主人公が、少年時代から足に繋がれ続けた鎖。タイトルはこれらを表している。サスペンスとしては珍しい題材ではないとはいえ、監督がジェニファー・リンチなので(前作「サベイランス」も見たし)、気になって見に行った。

顔を覚えられない(つまり自分の感覚においては非常に覚えづらいタイプの顔立ち)若手俳優というのは何人かいるが、ベテランの中で、自分にとって いまだ覚えづらい顔立ちの俳優のひとりといえば、ヴィンセント・ドノフリオなのであった(最近は、もしやあれはドノフリオではないか、と思い名前を確認する、くらいまでにはなった)。

 

 

2014/3/30

広告を非表示にする