映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「DEAR WENDY」

DEAR WENDY
2005デンマーク=仏=独=英
監督:トマス・ヴィンターベア
脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:ジェイミー・ベル ビル・プルマン 


脚本がラース・フォン・トリアーなだけあって、アメリカ3部作に続き痛烈なアメリカ批判。“毒”が大量投入されている。


寓話的な描き方とその語り口のせいか、気づけば時間を忘れているような感じだ。


これでもかと満載された毒は、まるでひとつひとつのシーンに “ラース・フォン・トリアー” という署名でもあるかのように、ひと目見てわかるほどのラース・フォン・トリアー印だった。






_

広告を非表示にする