映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「ペーパーボーイ 真夏の引力」

THE PAPERBOY

2012 アメリカ

原作・脚本:ピート・デクスター 『ペーパーボーイ』

監督・脚本:リー・ダニエルズ

出演:マシュー・マコノヒー

    ザック・エフロン

    ニコール・キッドマン

    ジョン・キューザック

    メイシー・グレイ

 

一見、逆にしたほうがしっくりきそうなキャスティングの、マシュー・マコノヒージョン・キューザック。どぎつい役柄をあえて選んでいるかの如く見えるマコノヒーに、かつてと比べて最近は路線転換している印象のキューザックである。今になってこういう役を引き受けなくてもよさそうなものを、これまたずいぶんとチャレンジングな役柄を演じているのがニコール・キッドマン

 

監督は、誰かと思ったら「プレシャス」(2009)の監督であった。選ぶ題材も、作風も、とにかくどぎつい(それが悪い、という意味ではない)。

 

 

2013/7/30