映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

作家 マイケル・クライトン

作品の多くが映画化されていることでもよく知られる作家、マイケル・クライトンが、この11月4日、がんで亡くなったということを今日になって知った。66歳だったという。


ジュラシック・パーク」の作者として特に有名だ。ほかのSF作品の映画化も多い。自身でも映画の脚本・監督をいくつか手がけている。テレビドラマ『ER/緊急救命室』の原案・制作総指揮も。何度か見たことがあるが、医療そのものだけでなく、医療現場の問題点や人間関係なども描いているところが印象的で、めまぐるしい人の動きと、それぞれの人物が行き交うごとにカメラが追いかけ、捉える人物がたびたび変わるスピード感が医療現場の多忙さを捉えていた。


マイケル・クライトンの小説が原作となった映画を、意識せずとも数多く見ていた。



合掌






_