読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「永遠の僕たち」

Restless
2011 アメリカ
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ヘンリー・ホッパー
    ミア・ワシコウスカ



たまに、有名俳優の息子や娘が、親の七光りなどと言われることを嫌い、芸名で活動している場合があるが、この映画の主演ヘンリー・ホッパーには、その名で、古い映画ファンに、父デニス・ホッパーのことを、映画に出るたびぜひとも思い出させていってほしい。 in Memory of DENNIS HOPPER と、映し出す映画。


あまりにも若さにあふれ、十代の繊細さを見るのが気恥ずかしくなりもするこの映画だが、主演ふたりの持つ雰囲気によく合っていた。あの、“十代特有” と言いたくなる繊細さを、十代などよりもっと大人の世代の映画人が作っているのだと思うと、よくこんなに若者の気持ち、十代の感覚をいつまでも持っていられるものだな、と思ったり、さすがプロ、と思ったり。






2011.12.24

広告を非表示にする