読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「フライトナイト 恐怖の夜」

Fright Night

2011 アメリカ

監督:クレイグ・ギレスピー

出演:アントン・イェルチン

   コリン・ファレル

   トニ・コレット

   デヴィッド・テナント

   クリストファー・ミンツ=プラッセ

   イモージェン・プーツ

 

リメイクのヴァンパイアもの。「アトランティスのこころ」 や 「スパイダー」 に11~12歳で出演していたあの少年、アントン・イェルチンが、二十歳も過ぎて 今こうしてホラー映画に主演していると思うと感慨深い。

 

ヴァンパイア役は コリン・ファレル。かつて 米軍の新兵からアレキサンダー大王まで幅広く演じ、最近では、「クレイジーハート」での寡黙なカントリー歌手役や、「ロンドン・ブルバード」 での 元ギャングで今 足を洗いたいが抜けきれない男役、そして 「モンスター上司」での、社長である父は人望あったのに超のつく馬鹿息子で薬物中毒でセンス最悪でバーコード頭のヅラを被った役まで こなし、ますます芸域を広げているコリン・ファレルが、今回はヴァンパイアである。


「モンスター上司」での 超絶馬鹿息子っぷりも凄かったが、案外今まで出ていなかったホラーにまで出演のジャンルを広げたコリンに、今後ますますの変身を期待。

 

 

 

2012.1.7