読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「クロッシング・デイ」

特集上映〈未体験ゾーンの映画たち2013〉の1本

What Doesn't Kill You

2008 アメリカ

監督・出演:ブライアン・グッドマン

出演:マーク・ラファロ

   イーサン・ホーク

   アマンダ・ピート

 

かつてイーサン・ホークが、刑事役でアカデミー助演男優賞にノミネートされた作品が「トレーニング デイ」(2001 原題:Training Day)、同じく刑事役でリチャード・ギアと共演した2009年の作品が「クロッシング」(原題:Brooklyn's Finest)。

 

そのふたつの邦題をまぜただけのような今回の邦題が安易すぎる(今回の「クロッシング・デイ」のほうが「クロッシング」よりも制作は先だが、公開順は逆である)。

 

スティーブン・セガールの「沈黙の~」は極端な例だが、ヒットしたり注目されたりした作品と似たタイプの邦題が、同じ俳優の出ている作品につけられることは確かにあるが、そもそも原題だってこれだけ違うのに、イーサン・ホーク出演というだけで、なにもまたクロッシングという単語を使わなくても。

 

 

 

2013/2/7