映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「L.A.ギャングストーリー」

Gangster Squad

2013 アメリカ

監督:ルーベン・フライシャー

出演:ジョシュ・ブローリン

    ライアン・ゴズリング

    ショーン・ペン

    エマ・ストーン

    ニック・ノルティ

    ジョヴァンニ・リビシ

    アンソニー・マッキー

    ロバート・パトリック

    マイケル・ペーニャ

 

1940~50年代が舞台。ロサンゼルスを牛耳るギャングを、正攻法で取り締まることは もはや不可能に等しい、だから こちらも奴らと同じ手を使う、これは戦争だ、選ばれた者は、任務に成功しようとも命を落とそうとも名を残すことはなく、誰にも知られない。 と、市警本部長から選ばれ、その任務を負った巡査部長と精鋭部隊が、ギャングに戦争をしかけていくわけだが、最初のうちは、言うほど “戦争” に見えない。意外とあっけない。双方の犠牲が大きくなってくるあたりから、だんだんとそれらしくなり、辻褄が合ってきて、ラストの銃撃戦に集約されていく感じか。

 

 

2013/5/8