映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」 途切れない因縁

The Place Beyond the Pines

2012 アメリカ

監督:デレク・シアンフランス

出演:ライアン・ゴズリング

    ブラッドリー・クーパー

    エヴァ・メンデス

    ベン・メンデルソーン

    ローズ・バーン

    レイ・リオッタ

    ブルース・グリーンウッド

取り返しのつかない出来事、後悔、因縁、復讐などにまつわる物語である。「ブルーバレンタイン」(2010)のデレク・シアンフランス監督と主演ライアン・ゴズリングのコンビが、この映画でふたたび。

 

監督の前作、「ブルーバレンタイン」でもそうだった。服装であるとか、画面の中の細部のリアリティに目がいく。ちょうどいい具合に、かっこ良すぎない。服装や、疲労の浮かぶ表情などの生活感が絶妙だ。生活に追われて、そんなものに構っていられないという “あの” 感じが、非常によく計算されている。

 

ライアン・ゴズリングは、一匹狼的な役柄が似合う。焦った瞬間の、声が裏返る演技など、なかなか。それから、4月公開の「ジャッキー・コーガン」(2012)に出ていて、どこかで聞いた名前だと思ったら「アニマル・キングダム」(2010)で見たことのあったオーストラリアの俳優、ベン・メンデルソーンの、まさに生活感あふれたグダグダな感じ(「ジャッキー・コーガン」でもかなりのものだった)、ゲイリー・オールドマン風味の入った顔立ちで かもし出されるあのグダグダ感がたまらない(巧すぎる)。今後の出演作でまったく違った役柄も見てみたい。ブラッドリー・クーパーは、出演シーン前半にて着ている衣装の生活感はいいのだが、いかんせん本人の風貌が、その生活感の邪魔をしている感じか(つまり、二枚目すぎる)。一転、後半のスーツ姿ははまっている。「ハングオーバー!」シリーズや「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(2010)のような、いかにも二枚目な役どころがやはりいちばん似合うということか、致し方ない。エヴァ・メンデスが、こう言ってはなんだが、思っていた以上によかった。

 

監督は、「ブルーバレンタイン」の時のように、過去と現在を交互に見せるような演出は今回していないが、登場人物たちの映画の中での生活において、服装から台詞まで、細部にまでリアリティを求めている点は一貫している。

 

ラストにおいて、ルーク(=ゴズリング)の息子は、クロス(=クーパー)の息子にもクロス自身にも、復讐を遂げようとして、すんでのところで思いとどまる。ここでかつて書いたこともあったが(「帰らない日々」の項目にて)、こういう点に、作り手が何に重きを置き、何を言いたいのかが表れる。「イン・ザ・ベッドルーム」(2001)で、父は、息子を殺した男に復讐を果たし、「帰らない日々」(2007)では、ひき逃げで息子を失った父は、復讐を思いとどまる。「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」では、やむにやまれぬ気持ちを抱えながらも復讐しない、ということを選んだのだ。

 

 

2013/5/29