読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画日記/記録

“Oh Captain, my Captain!” - 「いまを生きる」( Dead Poets Society / 1989 アメリカ / 監督:ピーター・ウィアー )

「荒野の七人」

TOHOシネマズ〈午前十時の映画祭〉
The Magnificent Seven
1960 アメリカ
監督:ジョン・スタージェス
出演:ユル・ブリンナー
    スティーブ・マックイーン
    チャールズ・ブロンソン
    ジェームズ・コバーン
黒澤明監督「七人の侍」(1954 日本)を、西部開拓時代のメキシコを舞台にリメイク


これまで西部劇を見ることがめったになく、タイトルに “荒野の” と付く作品がいろいろごっちゃになってしまっており、「荒野の七人」には てっきりクリント・イーストウッドが出ていると思っていたのだが、違った。イーストウッドは「荒野の用心棒」のほうだった。


聞き覚えのある音楽、この映画のものだったとは。


冒頭近く、悪態をつかれて、馬車の上からマックイーンがとっさにそちらに銃を向けると、隣に座っているユル・ブリンナーが、「ただの風だ」と言って制するのがかっこいい。






2013/1/22

広告を非表示にする